第25回(2017年度)通常総会等のご報告

日本サウンドスケープ協会第25回(2017年度)通常総会等を下記の日程にて行いました。

日 時 :2017年5月20日(土)
     10:00-12:00 2016年度常務理事会・理事会(含2017年理事予定者)
     13:00-13:40 2017年度総会
     13:40-14:00 2017年度理事会
     13:40-14:00 2017年度常務理事会
会 場:岩手県公会堂(21号室)

【議 案】

●第1号議案 2017年度-18年度理事の承認
・2017年度-2018年度理事の承認 [資料1]
・2017年度-2018年度監事の承認 [資料2]

●第2号議案 2016年度事業報告および決算
・2016年度事業報告 [資料3]
・2016年度決算案  [資料4]
・2016年度監査報告 [資料5]

●第3号議案 2017年度事業計画および予算
・2017年度活動方針ならびに事業計画 [資料6]
・2017年度予算案 [資料7]

●第4号議案 規約および細則の改正
・会長職の位置づけについて [資料8]
・コンテンツ事業運営委員会の位置づけについて [資料9]
・JASE委員会の位置づけについて [資料10]
・事務局所在地の変更 [資料11]

・各種会議を通じて可決された議案(資料1~11)はこちら(PDF/828KB)

なお、総会後開催された理事会にて、常務理事の選挙がおこなわれ2017年度2018年度の常務理事が選出さました。また、新しい常務理事会にて理事長が選出されました。名簿はこちらのページの「組織」の欄をご覧ください。

2017年度シンポジウムのご案内



■シンポジウム 「いわてのサウンドスケープ」
いわての魅力を“音”から考えるシンポジウムです。いわてには素晴らしい音風景がたくさんあります。自然が奏でる音、祭りの音、人が作業することで生まれる音、言いようもない静けさ…など、本当に様々です。季節によって変わる音もあるでしょう。少し前までは良く聞いていたのに最近聞こえなくなった音もあるかもしれません。

そしていわての特徴の一つに、多くの伝統工芸が継承されていることが挙げられます。岩手県内に残る様々な伝統工芸・伝統産業を支える“匠”たちは、どんなサウンドスケープの中に生き、どんなサウンドスケープを作り出してきたのでしょうか?本シンポジウムでは3人の匠から常日頃感じているサウンドスケープについて率直に語ってもらうことで、いわて独特の音の感じ方、捉え方とサウンドスケープの関係について考えていきたいと思います。

また、平成8年、当時の環境庁は「日本の残したい音風景“100選”」を選定しました。いわての音風景からは「碁石海岸・雷岩(大船渡市)」「水沢駅の南部風鈴(奥州市)」「チャグチャグ馬コの鈴の音(滝沢村)」の3つが選ばれました。でも、もっともっとたくさんあるはずです。

そこでこの度「誰かに聴かせたい“いわての音風景”」を広く募集しました。本シンポジウムでは、この結果を紹介し、匠の皆さんにも入っていただき、いわてのサウンドスケープについてディスカッションしたいと思います。


〇第1部 誰かに聴かせたい”いわての音風景”紹介
 
〇第2部 講演:匠が語る いわてのサウンドスケープ

  ・南部鉄器とサウンドスケープ
   田山貴紘氏 (タヤマスタジオ株式会社代表取締役)

  ・ホームスパンの匠が感じるサウンドスケープ
   舞良雅子氏 (染織作家)

  ・南部杜氏が語る酒造りのサウンドスケープ
   久慈浩介氏 (株式会社南部美人 五代目蔵元代表取締役社長)

〇第3部 パネルディスカッション
  久慈浩介氏×舞良雅子氏×田山貴紘氏×木村直弘(岩手大学人文社会科学部教授)
  コーディネーター:船場ひさお(岩手大学COC推進室特任准教授)

・日時:2017年5月20日(土) 15:00-17:30
・会場:岩手県公会堂・21号室
・参加費:一般1000円/協会員・学生は無料




フライヤー 表面(PDF/395KB) 裏面(PDF648KB)

■情報交換会
シンポジウム終了後、情報交流会をおこないます。お時間ございます方はお気軽にご参加ください。

・日時:2017年5月20日(土)18:30-
・会場:ビアバー べアレン 中ノ橋
  (岩手県盛岡市中ノ橋通1丁目1番21号 ホテルブライトイン盛岡 1階)
・会費:4000円程度を予定




誰かに聴かせたい「いわての音風景」募集

2017年度シンポジウム実行委員会では、盛岡で初めての開催にあたり「誰かに聴かせたい“いわての音風景”」を大募集しています。いわてに住んでいる方も、かつて住んでいた方も、旅行で訪れた方も、どんな方からの応募でも構いません。どうぞたくさんの情報をお寄せください。応募フォームに内容を記入の上送信してください。

<応募内容>
・誰かに聴かせたい「いわての音風景」
・聴くことのできる場所(地名など)
・聴くことのできる季節
・応募理由とその音風景に関するエピソード



締切:2017年5月8日(月)
※個人情報はいただいた内容の確認にのみ使用します。

シンポジウム2017in 盛岡 実行委員会
船場ひさお・木村直弘



第25回(2017年度)通常総会等のご案内

下記の通り、総会を開催いたします。協会員のみなさまには、4月下旬までに郵送にてご案内いたしますので、出欠を同封のハガキにてお知らせください。ご欠席の場合は、総会成立のために委任状の提出にご協力ください。

■総会
・日時:2017年5月20日(土)13:00-14:00
・会場:岩手県公会堂 2階・21号室
  (岩手県盛岡市内丸11番2号)

■理事会・常務理事会
・日時:2017年5月20日(土)10:00-12:00
・会場:岩手県公会堂 2階・21号室
  (岩手県盛岡市内丸11番2号)

第24回(2016年度)通常総会のご報告

日本サウンドスケープ協会第24回(2016年度)通常総会を下記の日程にて行いました。

日 時 : 2016年5月28日(土)16:00~17:30
会 場:青山学院大学総合研究所(14号館)14509教室

【議 案】

●第1号議案 2015年度事業および決算
 ・2015年度事業報告 [資料1]
 ・2015年度決算案  [資料2]
 ・2015年度監査報告 [資料3]

●第2号議案 2016年度事業計画および予算
 ・2016年度活動方針ならびに事業計画 [資料4]
 ・2016年度予算案 [資料5]

・可決された議案(資料1~5含む)はこちら(PDF/654KB)
・総会議事録はこちら(PDF/163KB)
・理事会議事録はこちら(PDF/197KB)


日本サウンドスケープ協会2016年度シンポジウムのご案内


■シンポジウム 「東京水系のサウンドスケープ:都市と社会のリ・デザイン」
サウンドスケープという用語を日本に広めたシェーファーの主著『世界の調律』の邦訳出版から今年で30 年。その考え方は基本的に「脱西洋近代」であり、アジアや日本の文化にも深い親和性をもっています。以上を踏まえ、東京の水系や水辺のサウンドスケープをテーマに展開されているさまざまな活動事例を紹介しつつ、 形のない環境の本質に迫ろうとするサウンドスケープの考え方が、都市をめぐる研究や計画の今後のあり方の本質にも繋がりうるものであることを確認し、そのコンセプトが、これからの社会にいかに貢献しうるかを、建築・都市環境の専門家と共に考えます。

〇イントロダクション 「名橋たちの音を聴く」
  鷲野宏(アートディレクター/都市楽師プロジェクト主宰)
〇基調講演 「『世界の調律』再考:武蔵野三大湧水池から」
  鳥越けい子(サウンドスケープ研究/青山学院大学総合文化政策学部教授)
〇話題提供 「東京水系の歴史と場所性」
  神谷博(水みちデザイナー/法政大学兼任講師)
〇話題提供 「東京の水辺街づくり -現在とこれから-」
  高見公雄(都市デザイン研究/法政大学デザイン工学部教授)
〇司会:吉仲淳(作曲家/青山学院大学教育人間科学部准教授)

・日時:2016年5月29日(日) 14:00-17:00
・会場:青山学院アスタジオ・地下ホール
・共催:青山学院大学 総合文化政策学部鳥越研究室・教育人間科学部吉仲研究室
※参加費無料


フライヤー 表面(PDF/268KB) 裏面(PDF481KB)

※[2016/04/22]熊本地震を受けて、開催会場を熊本大学から青山学院に変更しました。
※[2016/04/24]シンポジウムの概要を記載しました。
※[2016/05/06]シンポジウムの詳細を掲載しました。

第24回(2016年度)通常総会のご案内

■総会
・日時:2016年5月28日(土)16:00-17:30
・会場:青山学院大学 14号館(総研ビル)5F 14509教室

■情報交換会
・日時:2016年5月28日(土)18:30-
・会場:青山学院大学アイビーホール・フィリア
・会費:4000円(ビュフェ形式) ※要申込

※[2016/04/22]熊本地震を受けて、開催会場を熊本大学から青山学院に変更しました。

第23回(2015年度)通常総会のご報告

日本サウンドスケープ協会第23回(2015年度)通常総会を下記の日程にて行いました。

日 時 : 2015年5月23日(土)13:00~14:30
会 場:日本大学生産工学部39号館601号室(スプリングホール)

【議 案】

●第1号議案 2014年度事業および決算
・2014年度事業報告 [資料1]
・2014年度決算案  [資料2]
・2014年度監査報告 [資料3]

●第2号議案 規約改訂の経緯とその内容 [資料4]

●第3号議案 2015年度事業計画および予算
・2015年度活動方針ならびに事業計画 [資料5]
  ・2015年度予算案 [資料6]

●第4号議案
任期満了に伴う理事選挙結果、ならびに事務局移転、事務局長交代について[資料7]

総会議事録はこちらをクリックしてご覧ください。(PDF)

資料は以下のリンクをクリックしてください。(PDF)
資料1~7
規約改正(改正前・改正後対照表)
細則改正(改正前・改正後対照表)
組織図


第23回(2015年度)通常総会及びシンポジウムのご案内

■総会
・日時:2015年5月23日(土)13:00-14:30
・会場:日本大学生産工学部津田沼キャンパス39号館601号室(スプリングホール)
     http://www.cit.nihon-u.ac.jp/access/

■シンポジウム
-劇空間の音風景 声による演出から見る古今東西の世界観―
・日時:2015年5月23日(土)15:00-17:40
・会場:日本大学生産工学部津田沼キャンパス39号館601号室(スプリングホール)
・参加費:無料
・申し込み:不要

・プログラム
14:30 受付開始
15:00-15:05 開会挨拶
15:05-15:10 シンポジウム趣旨説明
15:10-17:10 講演(各40分)
・山形治江氏(日本大学生産工学部教授)
「ギリシャ劇におけるコロス(合唱舞踊団)の役割」
・増野亜子(インドネシア芸能研究家)
「インドネシア・バリ島の歌芝居アルジャにおける声と身体」
・梅田英春(静岡文化芸術大学文化政策学部芸術文化学科教授)
「バリ島の人形影絵芝居ワヤンにおける人形遣いダランの声」
17:10-17:30 質疑討論
17:30-17:40 閉会挨拶
18:00-19:30 情報交換会 日本大学生産工学部39号館2階食堂にて

フライヤー(PDF/987KB)

第22回(2014年度)通常総会及びシンポジウムのご案内

■総会
・日時:2014年5月31日(土)10:40-12:10
・会場:東京大学柏キャンパス FSホール

■シンポジウム
― ランドスケープからみたサウンドスケープとその未来 ー

・日時:2014年5月31日(土)13:00-17:00
   シンポジウム終了後17:15-18:30 情報交換会
・会場:東京大学柏キャンパス FSホール
    FSホール前ラウンジ(情報交換会)
・参加費:無料
・申し込み:不要

・プログラム
12:20 受付開始
13:00-13:05 開会挨拶 西江会長
13:05-13:10 シンポジウム趣旨説明
13:10-14:00 基調講演 進士五十八 氏
  ランドスケープからのまなざし -サウンドスケープの今後に向けて-
14:20-16:00 パネルディスカッション
  パネラー:進士五十八、鳥越けい子、土田義郎、曽和治好
  司会 斎藤馨
16:10-16:50 総合討論 フロアを交えての総合討論
16:50-17:00 閉会挨拶
17:15-18:30 情報交換会 FSホール前ラウンジにて

フライヤー(PDF/487KB)

第21回(2013年度)通常総会・シンポジウムおよび春季研究発表会のご案内

日本サウンドスケープ協会 2013年度総会・シンポジウム、および春季研究発表会の日時、会場、およびプログラムは下記の通りです。

■総会およびシンポジウム
2013年5月25日(土)
13:00-14:30 総会
14:45-16:45 シンポジウム
  ・第1部:音の「環境」としてのサウンドスケープ 平松幸三
  ・第2部:未来のための音環境デザイン 船場ひさお・岩田茉莉江他
   コーディネータ:中川真

会場: 大阪市立大学梅田サテライト


■春季研究発表会
2013年5月26日(日)8:55-12:00
8:40 受付
8:55 挨拶 上野正章(司会)
9:00 発表(時間配分:発表20分、質疑応答10分)
9:00「保育現場の音風景―サウンドスケープの視点からみる"手遊び"」安島伸寛
9:30「展覧会の鑑賞とサウンド・エデュケーション」鈴木秀樹
10:00「茶道とサウンドスケープ ―茶室空間の音環境に関する考察―」土田義郎
10:30「ヘレン・ケラーの音楽受容に関する研究」佐々木幸弥
11:00 全体討論「サウンドスケープの実践と研究を考える」 ファシリテーター:箕浦一哉
12:00 終了

会場: 大阪大学中之島センター 7F 講義室702

 

協会の活動INDEX
○ 協会の活動概要
● 総会・シンポジウム
○ 研究発表会
○ 例会
○ ワーキング・グループの活動
○ ワーキング・グループの紹介
○ 震災プロジェクト
○ 20周年展
○ 後援事業

このページのトップへ移動

日本サウンドスケープ協会