このページでは、日本サウンドスケープ協会が後援する事業についてお知らせします。情報は主催者からのものです。お申込やお問い合わせは各事業の主催者までお願いします。




後援事業:基礎から考える音サイン環境

サインの中には音によるものも多く見られます。どちらを向いていても情報を得ることができ、視覚障害者にとっては特に有効なサインですが、「聞こえにくい」、「多すぎて分かりにくい(間違える)」、「取り付け方が適切でない」、「意味に対して音の印象がそぐわない」といった問題があります。今生じている問題、これから生じるであろう問題を、ユニバーサルデザインの考え方に照らしながら議論したいと思います。


日時:2016年2月20日(土)14:00−17:30(受付は13:30より)
会場:金沢工業大学扇が丘キャンパス 
   イノベーションホール(南校地12号館4階)
   921-8501石川県野々市市扇が丘7-1
   http://www.kanazawa-it.ac.jp/about_kit/ogigaoka.html
申込:下記ウェブよりお申し込みください。
   http://kokucheese.com/event/index/361881/
   席には十分余裕がありますが、準備の都合上【2/13(土)】までにお申し込みください。
参加費:主催学会会員は無料 後援学会会員は500円 一般は1,000円 学生無料
定員:50名(事前申し込み順)


<プログラム>

主旨説明:田中直人(島根大)
音サインの5原則:土田義郎(金沢工大)
音マップアプリを用いたバリアフリー教育と音サインデータベースの構築:上田麻理(航空環境センター)
音サインの聞き取りやすさについて:岩田三千子(摂南大)
音の回折を利用した音の検討:坂口弘樹・齋藤鉄馬・土田義郎(金沢工大)
質疑応答+討論 コーディネーター:田中直人(島根大)
司会:安部信行(八戸工大)
記録:北川博巳・大森清博(兵庫県立福祉のまちづくり研究所)

主催:日本福祉のまちづくり学会 サイン環境特別委員会
共催:日本福祉のまちづくり学会 東海北陸支部
後援:日本音響学会(予定)、日本音響学会北陸支部、
   日本建築学会北陸支部、日本サウンドスケープ協会


 

協会の活動INDEX
○ 協会の活動概要
○ 総会・シンポジウム
○ 研究発表会
○ 例会
○ ワーキング・グループの活動
○ ワーキング・グループの紹介
○ 震災プロジェクト
○ 20周年展
● 後援事業

このページのトップへ移動

日本サウンドスケープ協会