入会のご案内

ご入会は随時受け付けております。下記ご参照の上お申し込みください。なお、事業年度は4月1日から3月31日ですが、年度の途中からのご入会も年会費は同一です。



年度あたりの会費

  ・入会金:0円
  ・正会員:6,000円
  ・準会員(学生会員):3,000円
  ・団体会員:6,000円
  ・賛助会員:30,000円


※団体会員は、協会誌の紙媒体での提供のみで他の権利は有しません。
 (書館などでの購読を想定しております。)
※準会員の会員種別は、学生のために設けられた制度で学生のみが選択できます。
 博士課程在学者まで選択できます。
 選挙権および被選挙権は有しません。

入会手続きについて

入会を希望される方は、協会指定のフォームに必要事項を御記入の上、送信してください。本会の年度は4月1日から3月末日です。年度の残り1/4を切りましたら、年度中の入会か次年度からの入会かを申し込み時に選択できます。申し込み後、理事会にて入会が認められましたら、ご請求書をお送りさせていただきます。入金の確認をもちまして入会とさせていただきます。





入会ご希望の方は、 入会申込フォームへ移動して
必要事項を記入の上送信してください。



※団体等において書面による入会申込が必要な場合
 下記より入会申込書をダウンロードして必要事項をご記入の上、
 メールに添付するか郵送にて事務局までお送りください。

・賛助・団体会員用
  WORD文書(.doc)[33KB] PDFファイル[147KB]


メーリング・リストについて

メーリングリストは、当協会の正会員・準会員に限定された情報交換や議論の場として用意されています。正会員および準会員への協会からのお知らせは、事務手続き上で重要な事項を除き、原則としてメーリングリストを利用しますので出来るだけ参加してください。

このメーリングリストのアドレスは、saj@ml.soundscape-j.org です。メンバーのみが投稿・閲覧でき、このメールアドレスへの投稿・返信はメーリングリストメンバー全員へ送信されます。個人情報を伴う事務局への連絡の際などに誤ってお使いにならないようご注意ください。

なお、メールアドレスをご登録される場合、携帯メールアドレスでのご登録は出来るだけ避けてください。また、「Yahooメール」「hotmail」「Gmail」 などのフリーメールアドレスでのご登録の場合は、フリーメール側のシステムの都合で不着となる可能性がありますので、フリーメール以外でのご登録をお薦めします。フリーメールアドレスでのご登録で、協会から連絡が届かなかった場合は、迷惑メールなどで選別されている可能性がありますので、フリーアドレス提供者様のシステム上で @ml.soundscape-j.org および @soundscape-j.org の受信設定をお願いします。

メーリングリストには、協会入会時に参加を申請してください。また、会員の方は、随時参加や配信停止を選択できます。メールアドレスの変更や配信停止については、事務局までその旨お知らせください。



JASE(Japanese Association for Sound Ecology)について

JASE(Japanese Association for Sound Ecology)は、サウンドスケープをテーマに1993年に発足した国際フォーラム、WFAE(World Forum for Acoustic Ecology)を構成する組織のひとつ。日本の協会内においては、WFAEをはじめ海外の諸団体との情報その他の交流活動のための委員会として位地づけられています。

発足は2002年度ですが、2003度より正式に活動を開始しました。会員の特典としては、 WFAEのジャーナル Soundscape(年2~3回発行される英文の機関誌)が、WFAEより直接送られてくること。また、協会内の専用メーリングリストに参加して、WFAE の国際会議をはじめ、サウンドスケープをめぐる国際レベルでの情報交換作業に参加できるなどです。

<JASEに入会するには>
日本サウンドスケープ協会会員の方ならば、通常の年会費に加えて2000円をお支払いいただけば、誰でもJASE会員になることができます。参加ご希望の方は、協会事務局までJASEへの入会希望の旨ご連絡下さい。

WFAE (World Forum for Acoustic Ecology)とは?

WFAE (World Forum for Acoustic Ecology)は、1993年にカナダのバンフで発足した国際フォーラム。AFAE (Australian Forum for Acoustic Ecology)、CASE(Canadian Association for Sound Ecology)、FKL (Forum Fur Klanglandschaft)、 UKISC (United Kingdom & Ireland Soundscape)といった、世界各地の団体より構成されている。 発足以来、これまでに北米およびヨーロッパ各地で、サウンドスケープをテーマにした国際会議を開催している。2006年には日本(弘前大学)で開催された。また、年2~3回、英文の機関誌、 Soundscape-The Journal of Acoustic Ecologyを発行している。 詳しくは、下記URLを参照。 http://wfae.net/

 

協会案内 INDEX
○ 協会案内
● 入会のご案内
○ 定款・各種規則
○ 事業・決算報告

このページのトップへ移動

日本サウンドスケープ協会