入会のご案内

日本サウンドスケープ協会では、シンポジウムや研究発表会の開催や協会誌の発行などを行っております。(詳しくは「協会の活動」をご覧ください)事業年度は4月1日から3月31日ですが、ご入会は随時受け付けております。下記の要領でお申し込みください。現在、当会は任意団体から一般社団法人への移行を進めており、2019年度中入会と2020年度からの入会では、会費ご入金先が異なります。ご注意ください。


年度あたりの会費(2019年度中入会まで)

  ・一般会員………………… 6,000円
  ・学生会員………………… 3,000円
  ・団体会員………………… 一口6,000円(図書館など会報と協会誌の購読のみ)
  ・賛助会員………………… 一口30,000円(協会誌への広告・記事の掲載権を有する)

※団体会員は、会報と協会誌の購読のみで他の権利は有しません。 (図書館などでの購読を想定しております。) ※賛助会員は、所属する団体構成員全員が一般会員と同じ権利を有し、各種催しに参加できます。

年度あたりの会費(2020年度〜)

  ・入会金………………… 0円
  ・正会員………………… 6,000円
  ・準会員(学生会員)………………… 3,000円
  ・団体会員………………… 6,000円
  ・賛助会員………………… 30,000円

会費の入金期間は、4月1日~5月末日の2か月間とする。ただし、新規入会の場合は、随時受け付ける。入会年次の特例として、1月~3月の間の入会申請については、入会申込者は、当該年度から入会するか、次年度からの入会とするか選択することができる。

入会手続きについて

入会を希望される方は、入会申込書に必要事項を御記入の上、FAX・E-mail・郵送などで事務局までお送りください。本会の年度は4月1日から3月末日です。年度の残り1/4を切りましたら、年度中の入会か次年度からの入会かを申し込み時に選択できるようにしました。2019年度入会をご希望の場合、常務理事会にて入会が認められましたら、ご請求書をお送りさせていただきますので年会費を下記までお振込みください。会費の入金確認ができましたら、入会手続き完了のお知らせをさせていただきます。2020年度入会をご希望の場合、一般社団法人日本サウンドスケープ協会理事会にて入会が認められましたら、ご請求書をお送りさせていただきますので、書面に記載の口座へお振り込みください。入金の確認をもちまして入会とさせていただきます。

  <2019年度ご入会の場合>
  会費納入先:郵便振替口座
  口座番号 00110-6-612064
  名  義 日本サウンドスケープ協会

  <2020年度ご入会の場合>
  ご請求書に記載してご案内します。


<パソコンからの入会申込方法>
 入会申込フォームへ移動して必要事項を記入の上送信してください。

<FAXまたは郵送による入会申込方法>
 FAXまたは郵送される方は入会申込書をダウンロードして必要事項をご記入ください。
 入会申込書には一般・学生会員用と賛助・団体会員用の2種類があります。
 それぞれ、WORD文書、PDFファイルの2つの形式を用意してます。

・一般・学生会員用
  WORD文書(.doc)[39KB] PDFファイル[139KB]

・賛助・団体会員用
  WORD文書(.doc)[33KB] PDFファイル[122KB]

※ご用意している申し込み用紙には、2019年度内入会(2020年3月末日までの会員)か2020年度からの入会(2020年4月1日〜1年)かの別を記す箇所がありません。余白にどちらかご記載ください。

<メーリング・リスト>
メーリングリストは、当協会の会員(正会員・学生会員)に限定された情報交換や議論の場として用意されています。協会からのお知らせは原則としてメーリングリストを利用します。

なお、メールはテキストメールを原則としていますので、パソコンでなくても、携帯メールでも受信可能ですが、情報量の多いメールの場合にメールを全文受け取れなかったり、読みにくくなったりする事もありますので、パソコンを利用したメール受信が望ましいです。

メーリングリストには、協会入会時に参加を申請してください。また、会員の方は、随時参加や配信停止を選択できます。メールアドレスの変更や配信停止については、事務局までその旨お知らせください。



JASE(Japanese Association for Sound Ecology)について

JASE(Japanese Association for Sound Ecology)は、サウンドスケープをテーマに1993年に発足した国際フォーラム、WFAE(World Forum for Acoustic Ecology)を構成する組織のひとつ。日本の協会内においては、WFAEをはじめ海外の諸団体との情報その他の交流活動のための委員会として位地づけられています。

発足は2002年度ですが、2003度より正式に活動を開始しました。会員の特典としては、 WFAEのジャーナル Soundscape(年2~3回発行される英文の機関誌)が、WFAEより直接送られてくること。また、協会内の専用メーリングリストに参加して、WFAE の国際会議をはじめ、サウンドスケープをめぐる国際レベルでの情報交換作業に参加できるなどです。

<JASEに入会するには>
日本サウンドスケープ協会会員の方ならば、通常の年会費に加えて2000円をお支払いいただけば、誰でもJASE会員になることができます。参加ご希望の方は、協会事務局までJASEへの入会希望の旨ご連絡下さい。

WFAE (World Forum for Acoustic Ecology)とは?

WFAE (World Forum for Acoustic Ecology)は、1993年にカナダのバンフで発足した国際フォーラム。AFAE (Australian Forum for Acoustic Ecology)、CASE(Canadian Association for Sound Ecology)、FKL (Forum Fur Klanglandschaft)、 UKISC (United Kingdom & Ireland Soundscape)といった、世界各地の団体より構成されている。 発足以来、これまでに北米およびヨーロッパ各地で、サウンドスケープをテーマにした国際会議を開催している。2006年には日本(弘前大学)で開催された。また、年2~3回、英文の機関誌、 Soundscape-The Journal of Acoustic Ecologyを発行している。 詳しくは、下記URLを参照。 http://wfae.net/

 

協会案内 INDEX
○ 協会案内(趣意/規約)
● 入会のご案内
○ 入会フォーム

このページのトップへ移動

日本サウンドスケープ協会